全身脱毛、vioは痛いって本当?

全身脱毛コースのなかにも含まれることの多いvio。
最近では、ハイジニーナなどと呼ばれるなどvio脱毛はたいへん一般的になりました。

 

しかしここで気になるのが脱毛の施術の際の痛みです。
クリニックなどで行われるレーザー脱毛になりますと、vioの場合かなりの痛みが伴うといいます。

 

なかにはあまりに痛さにやめてしまう人や、脱毛サロンでの脱毛にのりかえる方もいるそうです。

 

なぜ脱毛サロンでの脱毛に乗り換えるのか?
それは、脱毛サロンで行われる施術はフラッシュ脱毛と呼ばれるもので、痛みが少ないのが特徴だからです。

 

ただし、黒や茶などの色に反応して照射する仕組みとなっているため、フラッシュ脱毛でも濃い毛がある部分ですと多少の痛みを伴います。

 

特にvioは、脱毛する部位のなかでもやはり痛みが強めと言われています。
よく、フラッシュ脱毛の痛みは「輪ゴムでパチッとはじいたような痛み」などと表現されますね。

 

施術の際に「イテッ」とか「ウッッ」とか声を出してしまう方もいらっしゃいますが、なかには「それほどじゃなかった」と感じる方もいるようです。
脱毛効果にも個人差があるように、痛みにも個人差はあるようですね。

 

痛みを感じる部分としては、vioのなかでも特にVラインとIラインが強いようです。
Vラインでは上の方はそれほど痛くないのですが、下の方で毛量が濃くなればなるほど痛みが強くなっていきます。

 

また、Iラインの脱毛というのも痛みが強い部位と言われています。
Iラインというのは性器周辺部位でそもそもがデリケートな部位です。

 

粘膜に限りなく近いお肌で、さらに色素沈着も多少見られることから痛みが強いのだそうです。

 

ただし、この痛みというのもずっと痛いということではなく、照射したその瞬間だけ「イタッ」となるもので、施術後まで痛みを感じるということはほとんどありません
また、施術を繰り返していくことで、毛質が変化して薄くなっていきますとどんどん痛みも少なくなっていきますので安心してください。

 

脱毛サロンでは、その人に合わせて照射する光の強さを調整をしてくれます。痛みを感じるというのでしたら遠慮なく伝えて調整してもらいましょう。